ハチ退治は素人がすると危険!専門知識のある業者に依頼するのがいい

主婦

じつは何種類もいる

男の人

家の中には目に見えない虫が数多く存在しています。特に、多いのがダニです。このダニを放置しておくと、気管支などに影響してくるため、駆除をしなければいけば健康被害が拡大していくでしょう。ダニ駆除が専門の薬剤を使用して確実に駆除をしてくれる業者へ依頼することが一番です。

詳細を読む

効果的に退治する方法

散布機

スズメバチは餌を横取りされたり、巣を荒らされることを防ぐために攻撃してきます。巣をみつけたらすぐに駆除する必要があります。自分で駆除剤をまく場合は、スズメバチが巣にいる夕方以降に行うようにしましょう。また、蜂は樹液などの甘い香りを好みます。数が少ない場合は誘引剤を使うのが効果的です。

詳細を読む

被害箇所を確認

女の人

シロアリ被害が出ているかどうかを簡単に確認する方法があります。床を歩いて頻繁にきしむようであればシロアリは生息しています。また、駆除方法としては、水周りの床下に薬剤を散布することです。特に、蟻道に沿って散布すると効果的です。

詳細を読む

避けられない場合には

困る女性

秋ごろに、山に登ると、ちょっとした使用されていない小屋の屋根の下に、大型のハチの巣が作られているものを目にすることがあります。これは、キイロスズメバチの巣であることが多く、バスケットボール大の大きさになっていることがあるほど、大型になります。季節が深まるにつれ、ハチの巣は大きくなっていき、それに伴い、働き蜂の数も増えていきます。こういった場合には、巣に必要以上に近づかないことはもとより、驚かすような大きな物音を立てないことが肝要です。また、黒っぽい服装、頭の髪の毛に反応しやすいことから、可能であれば、黒い部分を露出しないように、白っぽい服を見せるなど、ハチを刺激しないことが事故を防ぐことにつながります。

このように、山の中での出来事であれば、近づかないようにすることで危険を回避することができますが、身近な場所となると、退治する必要が生じます。玄関のそばに巣ができてしまうと、近づかないわけにもいかず、退治をすることを前提で、考えていく必要があるのです。ハチ退治をする方法としては、巣が小さいうちには自分で殺虫剤を使って、追い払うこともできますが、ある程度の大きさと、働き蜂の数になってくると、反撃される危険性が高まります。そのため、自分で退治する場合は、各自治体で貸与を行っている場合もある防護服を着用することで、安全に作業を行うことができます。しかし、高所や退治しにくい箇所の場合は、専門に蜂退治を行っている業者に依頼することが無難です。