効果的に退治する方法|ハチ退治は素人がすると危険!専門知識のある業者に依頼するのがいい

ハチ退治は素人がすると危険!専門知識のある業者に依頼するのがいい

作業者

効果的に退治する方法

散布機

攻撃してくる理由

猫にも色々な種類があるように、スズメバチにも色々な種類があります。オオスズメバチは体が大きく、女王蜂と働き蜂でもサイズはあまり変わりません。土の中に巣をつくる事が多いのが特徴です。スズメバチはよく人間を攻撃してきますが、その原因は餌を横取りされたり、巣を荒らされる事を防ぐためです。人間が近づかないように気をつけていても、土の中に巣があると、知らないうちに近づいてしまい攻撃されてしまうことがあります。攻撃されないようにするには、敵として判断されない事が大切です。巣を見つけたら近づかないのはもちろん、頭上をグルグルと飛んできたらそれはスズメバチが警戒している証拠です。手で払わずに頭を低くして、静かに離れるようにしましょう。

夕方以降に使用する

蜂は山中にしか巣を作らないイメージですが、民家にも巣をつくる事があります。巣を見つけたらすぐに駆除する必要があります。業者に連絡をし、現場に来てもらうようにしましょう。スズメバチは昼間は外に餌を求めて、夕方になると巣に帰ってくるのが一般的です。そのため、自分で駆除剤をまく場合は夕方以降にしましょう。また、駆除する前に粘着液がついたシートを近くに置いておく事で、万が一外にいた蜂が帰ってきても退治することができます。巣が小さく、スズメバチの数も少ない場合は誘引剤を使うのがおすすめです。蜂は樹液など甘い香りを好みます。誘引剤を置いておくと匂いにつられた蜂がやってきて簡単に駆除することができます。誘引剤の効果を感じられない場合、周りに甘い物がないか確認するようにしましょう。スズメバチはジュースなど甘い匂いにもつられてやってきます。